株式会社 協栄清水商店
サイトマップ HOME
事業内容 環境方針 会社概要 沿革 法令情報 プライバシーポリシー 採用情報 お問い合わせ

会社概要
● 事業所案内
本社

・所在地:東京都足立区佐野2-14-11
本社


加平事業所

<保管・積替え施設>
・所在地:東京都足立区加平2-20-5
・産業廃棄物収集運搬業許可番号:第13-10-011990号
・面積:1085.05m3
・最大保管高さ:2.5m
・合計保管量:183.84m3
加平事業所

産業廃棄物の種類
保管量
廃油
ドラム缶2本:0.4m3
廃酸
ポリ容器4本:0.08m3
廃アルカリ
ポリ容器4本:0.08m3
廃プラスチック類
コンテナ2個:22.0m3
木くず
コンテナ1個:8.0m3
動植物性残さ
ドラム缶1本:0.2m3
金属くず
コンテナ1台:8.0m3
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
かご台車8個:4.8m3
がれき類
コンテナ1個:8.0m3
汚泥、金属くず(廃乾電池に限る)
プラスチックケース30個:1.44m3
汚泥、廃プラスチック類、金属くず(廃消火器に限る)
かご台車1個:0.6m3
廃プラスチック類(廃発泡スチロールに限る)
かご台車5個:6.3m3
廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず(廃家電に限る)
直置き:92.0m3
廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず(廃パソコンに限る)
直置き:16.2m3
繊維くず(廃畳に限る)
直置き:1.8m3
廃プラスチック類、金属くず、
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
(廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る)
ドラム缶20本:5.7m3
ガラス・コンクリート・陶磁器くず(廃石膏ボードに限る)
コンテナ1個:8.0m3
汚泥、金属くず
(廃乾電池(水銀使用製品産業廃棄物)に限る)
プラスチックケース5個:0.24m3

     
内景
 
廃プラスチック類
(8m3コンテナ)
 
廃油・廃酸・廃アルカリ・動植物性残さ(ドラム缶)
 
ガラス・陶磁器ぐず・木屑(8m3コンテナ)
※大型の廃棄物や蛍光灯、廃乾電池は業務の効率化の為、一旦この施設に保管され、一定の量になると各処分場へ運搬されます。

収集運搬実績は東京都環境局のホームページをご覧ください。
(業者名の覧に協栄清水商店と入力してください。)


板橋工場

<中間処理施設>
・所在地:東京都板橋区舟渡4-12-20
・産業廃棄物処分業許可番号:第13-20-011990号
・面積:476m2
板橋工場
・処分方法: 破砕 = 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず (以上6種類)
(一軸破砕機 1基)
圧縮 = 金属くず (以上1種類)
(油圧一方締め方式 1基)
圧縮梱包 = 廃プラスチック類、紙くず、繊維くず、金属くず (以上4種類)
(電動油圧式・圧縮減容梱包機 1基)
溶融 = 廃プラスチック類(発泡スチロールに限る) (以上1種類)

施設種類
産業廃棄物の種類
単独処理能力
混合処理能力
設置年月日
破砕
廃プラスチック類
4.00(t/日)
平成20年8月24日
紙くず
3.28(t/日)
繊維くず
木くず
3.44(t/日)
ゴムくず
3.44(t/日)
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
14.00(t/日)
圧縮
金属くず
8.67(t/日)
平成14年5月28日
圧縮梱包
廃プラスチック類
24.40(t/日)
平成23年1月27日
紙くず
20.30(t/日)
繊維くず
8.36(t/日)
金属くず
0.62(t/日)
溶融
廃プラスチック類
(発泡スチロールに限る)
0.64(t/日)
平成19年12月9日

● 板橋工場の作業内容例として
回収してきた物を降ろす 品目ごとに選別する 選別した物をラインに流す
建設材料の棒鉄になります
手選別で細かく選別する 鉄くず類に分別
建設材料の棒鉄になります
プレス機を使用し梱包
建築材料などの原料になります
色別に破砕されたビン類
再生品になります
色別に破砕されたビン類
RDF (ゴミ固形燃料)・高炉原料化になります
梱包された廃プラスチック類

● 発泡スチロールの溶解処理工程
   
プラスチック製品製造工場へ出荷
処理実績は東京都環境局のホームページをご覧ください。
(業者名の覧に協栄清水商店と入力してください。)


鹿浜リサイクルセンター

<保管・積替え施設>
・所在地:東京都足立区鹿浜2-27-16
・産業廃棄物収集運搬業許可番号:第13-10-011990号
・面積:1306.00m3
・最大保管高さ:2.5m
・合計保管量:22.0m3
鹿浜リサイクルセンター

産業廃棄物の種類
保管量
廃プラスチック類(有機物の付着したものを除く)
コンテナ1個:12.0m3
廃プラスチック類、金属くず、
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
(廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)に限る)
ドラム缶10本:5.0m3
金属くず(有機物の付着したものを除く)
かご台車2個:1.0m3
繊維くず
かご台車1個:0.5m3
木くず
かご台車1個:0.5m3
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
(有機物の付着したものを除く)
かご台車1個:0.5m3
廃プラスチック類、金属くず、
ガラス・コンクリート・陶磁器くず
かご台車5個:2.5m3
 
● 鹿浜リサイクルセンターの作業工程
 
1. 自社車両で回収してきた紙ごみをバンカー脇に降ろす 2. 選別したミックス紙をベルトコンベアーに流す (新聞紙・ダンボールなどもラインを替えベルトコンベアーに流す)
3. 4. プレス機によって製品 (800kg〜1,000kg) ごとにプレスする 5. ラップ (ビニール製) で製品を一つ一つ巻く (運搬作業中に飛散事故などを防ぐ為)
6. 7. 各製紙メーカーに出荷する
 
※24時間監視カメラ、警備システム設置施設

株式会社協栄清水商店 〒121-0053 東京都足立区佐野2-14-11 TEL.03-3606-8380 FAX.03-3628-4655
Copyright (C) 2006 Kyouei Shimizu Shouten Co.,Ltd. All Rights Reserved.